名古屋の離婚相談所

名古屋の離婚相談所。難しい法律用語もわかりやすく解説し、離婚・不倫・養育費・子供の親権・慰謝料・財産分与・認知・離婚協議書・離婚調停・離婚裁判等々について書いていこうと思います。

離婚相談のきっかけ

「口約束」ほど怖いものはありません。

「口約束でも契約は成立する」とは法律に詳しくない方でも知る人が多いと思いますが、実際のところ口約束では「言った言わない」の話になって、調停・裁判などで余計に時間もお金もかかる事になってしまいます。

前回の記事(離婚相談のきっかけ)の女性も養育費の合意を「口約束」でしてしまったが為に、その後大変な労力を強いられる破目になってしまいました。

離婚後元夫に養育費の支払いについて具体的に話そうとしても元夫は「そのうち払う!」と言ったきり支払いをせず。

元夫の親族に話しに行っても「払うように伝えときます」とは言うものの効果は無し。

乳飲み子を抱えながら途方に暮れてしまい、精神的にもかなり参っていたと思います。

その後周りのアドバイスで弁護士に相談に行って、元夫との代理交渉を依頼したのですが、それはそれで着手金で約20万円程度かかってしまったそうです。

3万円の養育費の為に20万円の弁護士報酬・・・高い代償になってしまいました。。

離婚問題相談のきっかけ

離婚問題に関して関心を持ち出したのは、知人女性がシングルマザーになり養育費に関して大変困っていたという事がありました。

いわゆる「できちゃった婚」(今は「授かり婚」とも言うようですね)なのですが、婚姻期間は数ヶ月。数ヶ月のうちでも籍を入れてから夫は家に帰る事は少なくなって実際同居した日数は数日という有様のようでした。

原因は浮気。

子供も生まれたばかりでしたが、家に帰ることもなく生活費もロクに払わない夫を見限って離婚することになりました。

婚姻期間がほとんどないようなものなので財産分与は無し、慰謝料は欲しいところでしたが夫はその支払いに応じようとはせず、その代わり養育費として月3万円をちゃんと払うということで離婚に合意しました。

しかしながらその「養育費月3万円」という合意は書面にした訳でなく「口約束」。


これが今後の彼女を苦しめることになりました・・・

livedoor プロフィール
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ