「天下無敵の公正証書

公正証書とは、元裁判官など法律に詳しい公証人という専門家が、依頼者の申し出に基づいて作成する公的な証書であり、高い証明力とその証書に記載された金銭に関する支払いを怠ると裁判をする事をせずに強制執行を行うことができる非常に強力な証書です。

離婚協議書に関して言えば、離婚に際しての養育費・財産分与・子供との面接交渉について等をお互いの合意の上、離婚協議書として書面にして、記名押印等をすればそれはそれで有効です。

しかし万が一その離婚協議書の中でも養育費や財産分与などの金銭に関する約束が守られない時、相手の預貯金や不動産、給与などを差押えて強制執行をしようとする時に、公正証書にしていない離婚協議書(私文書)の場合ですと、またいちいち調停や裁判を起こして判決等をもらってからの強制執行になってしまいます。

離婚協議書を公正証書として残しておけば、万が一養育費等の金銭支払いが行われない事態が生じた時、裁判無しで迅速に財産の差押え、強制執行をする事ができるのです。

養育費や財産分与、慰謝料など金銭支払いが絡んでいる離婚協議書を作成する場合は、公正証書にしておくのが定石中の定石になります。

若干費用は掛かりますが、将来のことを考えて「保険」だと思えば金銭が絡む離婚協議書については公正証書にする事を強くオススメします。