夫婦のどちらかが宗教活動にのめりこんでしまっている場合、これは離婚原因になるのでしょうか?

これについて過去の判例は、離婚原因として認める・認めないはかなりケースバイケースで判断を異にしています。

端的に言えば宗教活動が、家庭生活においてどれほど影響を与えているかが重要で、それによって夫婦の協力義務違反と認められる状態であるのか、又別居の有無・子供の有無・夫婦関係修復の可能性等総合的に判断されます。

東京地裁H9.10.23の判例ですと、信仰している宗教の違いで10数年間対立しており、夫婦関係修復の可能性は少なく、また3人の子供は成人している事を考慮して婚姻を継続し難い重大な事由と認定して離婚を認めています。

宗教については日本国憲法で「信仰の自由」が認められるほど大切な権利ではありますが、結局それにのめりこんで家庭生活を疎かにしてはいけない、という事ですね。