不倫していた女性の夫から慰謝料請求されました・・」

本人達は遊びのつもりでも、不倫された側にとっては大きな精神的苦痛を伴い、今後の夫婦生活への影響も考えられます。

たとえ女性の方からの誘惑であっても、既婚者である事を知っていた又は容易に知る事ができた場合は、不倫は不法行為として慰謝料請求の対象になります。

ただし、その既婚女性側の婚姻関係が破綻していた場合は、いくら戸籍上で婚姻継続中でも慰謝料が発生しない場合があります。

これを「破綻主義」と呼ぶ事もあります。

では何をして「破綻」とするかですが、外形上分りやすい「別居」というのが大きなポイントになるでしょう。別居までいった場合は、その後に不倫関係になっても不法行為とは認められない可能性が高いようです。

もちろん「家庭内別居」という言葉もあるように、同じ屋根の下で暮らしていても事実上別居状態であれば破綻と認定される可能性も少なくありません。