確実に養育費を回収する為には、養育費支払いがストップした時にすぐに差し押さえ・強制執行ができるように離婚協議書を公正証書にしておくのは基本中の基本ですが、さらに確実性を増すために「連帯保証人」を決めておく方法があります。

たとえば養育費支払いの義務者が元夫だとしても、その元夫に貯金が無かったり、失業して収入がなかった場合には、いくら公正証書を作って支払いが滞った養育費を回収しようとしても無い袖は振れません。

そんな時に養育費支払いについて「連帯保証人」を定めておけば、元夫の支払いがなくてもその連帯保証人へ請求できる事になります。

連帯保証人候補としては、元夫の両親(子供から見ればお爺ちゃんお婆ちゃんですね)が考えられると思います。(不倫で離婚した場合は、その相手方(愛人)というのもありますね)

連帯保証人にはメリットのある事では無いのですが、そこをうまく交渉して養育費支払いについての連帯保証人になってもらい、公正証書まで作っておけばより養育費確保の精度が高いものになりますね。