離婚時に決めることの1つに「財産分与」があります。

離婚時の夫婦共有財産において分け前は基本的に半分づつなので、夫婦で2分の1の割合で分けます。たとえサラリーマンと専業主婦というよくあるパターンでも法律上は半々が原則です。(財産分与のベースは半分

では財産分与はいつから請求できるのか?

結論からいうと、財産分与請求権は「離婚時」からとなります。

離婚前にまとまった費用が必要の場合でも、離婚前に財産分与を行ってしまうと税務署から夫婦間の「贈与」とみなされて、贈与税が賦課される場合がありますので注意が必要です。