住宅ローンを組んでマンションや一戸建ての自宅を購入する方も多いと思いますが、たとえば夫一人のみの収入ではローン審査が下りない場合、その他正社員でなくても派遣社員や契約社員などでも収入のある妻が連帯保証人となり住宅ローンを組む事があります。

そういった離婚の場合、妻の連帯保証人としての名義を外せるのかが問題になります。

銀行にとってはわざわざローン契約を締結して有効な連帯保証人を外す事には何のメリットもありません。住宅ローンの債務者と連帯保証人が離婚しようと法律上契約に影響がありません。

しかしながら自宅には夫が住み続け、妻が家を出る場合、妻にとっては将来的に自分のものになるものでもない家の連帯保証人になっているのも何もメリットはありません。むしろ夫がローン滞納等してたえず差し押さえをくらうリスクを背負うデメリットがあります。精神的にもつらいですよね・・

もし上記のような問題に当てはまるようであれば、是非離婚時に「連体保証人外し」の事も考えておきましょう。交渉次第では銀行側も妻の連帯保証人外し(変更)に応じる場合もあります。簡単な事ではありませんが、粘り強く交渉してみましょう。