名古屋の離婚相談所

名古屋の離婚相談所。難しい法律用語もわかりやすく解説し、離婚・不倫・養育費・子供の親権・慰謝料・財産分与・認知・離婚協議書・離婚調停・離婚裁判等々について書いていこうと思います。

離婚相談雑記

不倫SNS「アシュレイ・マディソン」の危険性

世界的な不倫SNSといわれる「アシュレイ・マディソン」が日本に上陸。

会員数100万人突破は今までブラジルが10ヶ月で最速でしたが、日本が8ヶ月半で突破し、世界最速になったそうです^^;

まあ、日本は元々「出会い系サイト」などの業者によるいわゆる「サクラ」が多数存在していますので、業者の大量登録があったのだとは思いますが、世界最速だとはね。。

しかしながら「アシュレイ・マディソン」は「不倫専門」。
利用するには知っておかなければならない大事な事があります。

続きを読む

携帯電話の指紋認証は安全か?

夫(妻)の浮気の物的証拠として有力なものに「携帯メール」があります。

相手の携帯メールをのぞき見していませんか?

携帯のロックを解除して、保存されているメールを見るか又サーバにアクセスして未開封のメールを見るか、等によって「不正アクセス禁止法」に抵触するか否か分かれるようですが、「浮気の証拠」としての責は免れません。(違法収集証拠について、刑事事件は原則排除されますが、民事事件はそれと比べて厳格ではなく、著しく反社会的な手段を用いた場合等を除いて採用される可能性が高いです)

かのiphoneは、iphone5sからセキュリティ向上のため「指紋認証」の機能をつけました。

「パスワードより、唯一無二の指紋認証だから絶対安全!!」

本当ですか??

最近は相手が寝ている間に、相手の指を使って指紋認証→携帯メールチェックをする人も少なくないようです。

個人のプライバシーを守りたい人は、原始的な4桁パスワードの方が、意外にも指紋認証より安全かもしれませんね。

a1640_000358


一人親世帯の貧困率先進国最悪

日本のシングルマザーをはじめとするいわゆる「一人親世帯」の貧困率は、世界の先進国30か国中最悪の状況だそうです。 由々しき問題ですね・・

【厚生労働省は13日、世帯主が18〜64歳で子どもがいる世帯の相対的貧困率が2006年時点で12.2%だったと発表した。このうち、一人親世帯の相対的貧困率は54.3%に上った。記者会見した山井和則政務官は「経済協力開発機構(OECD)に加盟する先進30カ国中最悪の水準で、恥ずかしい数字だ」と語った。
 一人親世帯の過半数が「貧困状態」という結果について山井氏は、「子どもを抱えながらでは正社員になれず、パートなどで勤務している母子世帯が多いため」と分析。「労働者派遣法の改正や子ども手当などで改善に取り組む」と語った。 
】(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000150-jij-pol より引用)

個人的にも一人親世帯で育つ環境でありましたが、祖父母の協力もあり、母親は正社員として働く事が出来ていました。

しかしながら、そういった環境が無い場合は、在職中に一人親になったならば別として、新たに正社員として就職するのは厳しいのが現状であると思います。

派遣法の改正や子とも手当ての充実も大切ですが、もし離婚をして一人親になる場合には、やはりきっちりとした「養育費」の取り決めが大切になってくるでしょう。

養育費がしっかり払われているのは全体の2〜3割というデータもありますので、子供の為にもしっかりとした「準備」が必要ですね。

「大阪離婚相談所」で弁護士会が警告

「カバチタレ」で一世を風靡した行政書士資格ですが、あの漫画・ドラマのような行動を行うと弁護士法72条に違反して逮捕される可能性が高いですね。
 
「大阪離婚相談所」というHPを運営していた行政書士が大阪弁護士会より警告を受けていたようです。

【「大阪離婚相談所」というホームページ(HP)で離婚相談を受け付け、有償で法律業務をしていたとして、大阪弁護士会は、HPを運営する大阪府内の男性行政書士(44)に1日付で警告書を送った。行政書士はHPを閉鎖し、謝罪したという。

 行政書士法は、行政への提出書類などを作成できると定め、相談業務はこの範囲に限られる。弁護士会は、今回の行為について、弁護士以外の者が報酬を得る目的で法律業務をすることを禁じた弁護士法に違反する疑いがあると判断した。

 弁護士会によると、行政書士はHPで「協議離婚について、相談から離婚協議書作成まですべてサポート!」と呼びかけ、料金は「7万3500円〜」と記載。相談料は面談の場合が「1時間5250円」、メールなら「1往復2500円」としていた。

 行政書士は取材に「協議書の作成に必要な範囲で相談に応じ、法律的な問題を含む場合は断るなど注意していた。ただ、あらゆる相談を受け付けると誤解される余地があり反省している」と話している。
(http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK200910100021.html
 より引用)】

行政書士は、離婚業務に関してはあくまで「離婚協議書」等の書類作成を前提とした相談業務しか出来ないという事ですね。

一応このブログも「名古屋の離婚相談所」というタイトルなので今回警告を受けたサイトと同じような名前ですが、まだ有料相談も受けていない情報サイトなのでセーフですね^^;

ただ、そうなると離婚カウンセラーなどのお仕事はどうなるんでしょうかね?

「心のケア」などをメインにされているなら問題ないですが、個別具体的な相談を受けていると・・・

なかなか難しい問題があるようです。








相談数15000件の離婚カウンセラー

過去に15000件以上の離婚相談を受けて、満足度96.4%といわれる離婚カウンセラーの渋川良幸氏





そんなテレビのニュースにも登場する離婚カウンセラーである、渋川良幸氏の離婚問題についての勉強用教材が出ていました
こちら

「弁護士に相談したいが費用的に厳しい・・」「離婚に関する本を購入したが肝心な事が書いていない・・」「有利な条件で離婚を進める方法が知りたい・・」等々あると思いますが、そういった方におすすめの教材だと思います→こちら

livedoor プロフィール
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ